ファジーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ファジー

「ファジーな関係」などのように使う「ファジー」という言葉。

英語では「fuzzy」と表記します。

「ファジー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ファジー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ファジーの意味

「ファジー」には次の二つの意味があります。

1 境界、定義などが不明確であること。ぼんやりしたさま。あいまいなさま。
2 人間の認識のあいまいな部分をコンピュータで処理する技術。(出典:精選版 日本国語大辞典)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

ファジーの意味①「境界、定義などが不明確であること。ぼんやりしたさま。あいまいなさま。」

「ファジー」の一つ目の意味は「境界、定義などが不明確であること。ぼんやりしたさま。あいまいなさま。」です。

「ファジーな関係」で「定義が不明確であいまいな関係」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・どちらとも言えないファジーな領域のなかに、日本人は生きているという。
(出典:片岡義男『日本語の外へ(下)』)

・かれらは時として、自分の失敗まで他人のせいにして怒鳴り散らすこともあったりするからだいたい嫌われ者なのだが、まあここはひとつ穏便になどというファジーな態度はとらないからシロクロがはっきりしていた。
(出典:山際淳司『ダブルボギークラブへようこそ』)

ファジーなんて流行語は好きではないが、秋津は大学を出てもう十年間、とっくの昔からファジーで、フリーで、気ままで、曖昧模糊とした生き方をしているのである。
(出典:南里征典『鎌倉誘惑夫人』)

・ニンジンに彫刻をしたくらいで図に乗ってセリフのある役を希望したり、ものごとの公私をファジーにしたり、学生ならではの暢気さである。
(出典:姫野カオルコ『禁欲のススメ』)

類語

不明瞭(ふめいりょう)
意味:はっきりしないこと。あいまいなこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

曖昧(あいまい)
意味:態度や物事がはっきりしないこと。また、そのさま。あやふや。(出典:デジタル大辞泉)

グレーゾーン
意味:どっちつかずのあいまいな領域。判断が分かれるもの。中間領域。(出典:大辞林 第三版)

模糊(もこ)
意味:ぼんやりしているさま。はっきりしないさま。(出典:デジタル大辞泉)

ファジーの意味②「人間の認識のあいまいな部分をコンピュータで処理する技術。」

「ファジー」の二つ目の意味は「人間の認識のあいまいな部分をコンピュータで処理する技術。」です。

1990年頃に流行した言葉で、機械が「0」か「100」のどちらかだけではなく臨機応変に調節してくれるようにすることをいいます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

ファジー理論は、そうした融通のきかぬ機械に「あいまいさ」を組み込んで、機械のほうを人間に近づけようとする試みなのである。 
(出典:森本哲郎『日本語 根ほり葉ほり』)

・私はなぜかついこのあいだコマーシャルで見た、ファジー炊飯器とやらを思い出す。
(出典:角田光代『あしたはうんと遠くへいこう』)

・ 興味深いのは、この工程にファジーの考え方が取り込まれていることだ。
(出典:堀ノ内雅一『指紋捜査官 「1cm2(平方センチ)の宇宙」を解き明かした男の1万日』)

類語

臨機応変(りんきおうへん)
意味:その時々の場面や状況の変化に応じて、適切な処置を施すこと。(出典:大辞林 第三版)

人工知能(じんこうちのう)
意味:コンピューターで、記憶・推論・判断・学習など、人間の知的機能を代行できるようにモデル化されたソフトウエア・システム。AI。(出典:デジタル大辞泉)

自動制御(じどうせいぎょ)
意味:種々の機械装置やプラントの運転・操作を機械を用いて自動的に行うこと。オートメーション。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました