ビズとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ビズ

「ショービズ」などのように使う「ビズ」という言葉。

英語では「biz」と表記します。

「ビズ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ビズ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ビズの意味

「ビズ」には次の意味があります。

職業。商売。業界。(出典:デジタル大辞泉)

昨今よく耳にするクール・ビズの「ビズ」も仕事を意味する「ビジネス」の略語である「ビズ」を用いた造語です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・「それがショービズよ」 と、かつて『ダウンタウン物語』でパイを顔にぶつけられながら、ジョディはクールにこのセリフを言ったものだが。
(出典:姫野カオルコ『ほんとに「いい」と思ってる?』)

・ノーネクタイやクールビズ、スニーカービズ…やってみればこんなに楽なことはない。

・節電ビズってぇのをうちの会社でも取り入れたんだ!

類語

ビジネス
意味:仕事。職業。また、事業。商売。(出典:デジタル大辞泉)

トレード
意味:売買の取引をすること。貿易。(出典:デジタル大辞泉)

・商い(あきない)
意味: 売り買いすること。商売。(出典:デジタル大辞泉)

・取引(とりひき)

意味:商人と商人、または、商人と客との間で行われる経済行為。(出典:デジタル大辞泉)

・先物取引(さきものとりひき)
意味:将来の一定期日に現物の受け渡しをすることを約定する売買取引。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました