パーソナルカラーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

パーソナルカラー

「パーソナルカラー診断」などのように使う「パーソナルカラー」という言葉。

英語では「personal color」と読みます。

「パーソナルカラー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「パーソナルカラー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

パーソナルカラーの意味

「パーソナルカラー」には次の意味があります。

人それぞれの目、髪、肌などの色調ともっとも調和して似合う色や配色。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

人のパーツや肌の色を見て、総合してその人に似合う色のことを「パーソナルカラー」と言います。パーソナルカラーは大きく分けて「イエローベース」と「ブルーベース」の2つに分けられます。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・私のパーソナルカラーは淡色系の色だった。

パーソナルカラーを服に取り入れたら、似合っていると言われることが多くなった。

・似合った色を知りたくてパーソナルカラー診断に行った。

類語

淡彩(たんさい)
意味:薄くいろどること。あっさりした彩色。(出典:デジタル大辞泉)

色彩(しきさい)
意味:色。また、色の調子やぐあい。(出典:精選版 日本国語大辞典)

コーポレートカラー
意味:企業特有のシンボルカラー。(出典:デジタル大辞泉)

トーン
意味:色調。特に、色の濃淡や明暗などの調子。(出典:精選版 日本国語大辞典)

色味(いろみ)
意味:色の濃淡やずれの具合。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました