パスワードとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

パスワード

「パスワードを設定する」などのように使う「パスワード」という言葉。

英語では「password」と表記します。

「パスワード」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「パスワード」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

パスワードの意味

「パスワード」には次の二つの意味があります。

1 合い言葉。
2 コンピューターに記憶されている情報の利用の際に入力する符号。(出典:精選版 日本国語大辞典)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

パスワードの意味①「合い言葉。」

「パスワード」の一つ目の意味は「合い言葉。」です。

本人であるかの確認や、味方かどうかの確認のために前もって決めておく言葉のことです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ハリーは、それがパスワードを聞きわけられるかどうか怪しいと思った。(出典:ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 7 ハリー・ポッターと死の秘宝)

・一部の将校だけが正しいパスワードを知っている。
(出典:ラリイ・ニーヴン『リングワールド・シリーズ(全4巻) 4 リングワールドの子供たち』)

スポンサーリンク

類語

符丁ふちょう
意味:仲間うちだけに通用する言葉。(出典:デジタル大辞泉)

暗号あんごう
意味:あらかじめ打ち合わせておく、合図のためのことば。(出典:精選版 日本国語大辞典)

隠語いんご
意味:特定の職業や階級に属する人びとが用いる,仲間だけに通じて他の人びとには理解されないような言葉。(出典:百科事典マイペディア)

コード
意味:略号。符号。電信符号。暗号。(出典:デジタル大辞泉)

パスワードの意味②「コンピューターに記憶されている情報の利用の際に入力する符号。」

「パスワード」の二つ目の意味は「コンピューターに記憶されている情報の利用の際に入力する符号。」です。

パソコンやインターネットのサービスなどにログインする時に使う暗証番号などのことです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文


・火呂の日記は、パスワードを入力しなければ開かないようになっていた。
(出典:今邑彩『翼ある蛇(「蛇神」シリーズ第2巻)』)

・私だって、パスワードを知らないシステムに侵入なんかできないんですが。
(出典:山本弘『審判の日』)

・搬入用通路への扉をパスワードで開き、潜水艦の中みたいな通路を進む。
(出典:佐竹彬『カクレヒメ 第2巻』)

・建物の中に入るにはIDカードとパスワードが必要だと言っています。
(出典:楡周平『マリア・プロジェクト』)

パスワードは入学時に郵送で送られてきたランダムな文字で、変更することができない。
(出典:相沢沙呼『午前零時のサンドリヨン』)

・入力することでその日記を読むことができるパスワードは自分たちのプライベートな数字だったから、現在の読者は自分一人だけだと確信できた。
(出典:林亮介『和風Wizardry純情派 1』)

スポンサーリンク

類語

暗証番号あんしょうばんごう
意味:該当者か否かをコンピューターで照合するための暗証用の数字。(出典:デジタル大辞泉)

コード
意味:情報を表現するための記号や符号の体系。(出典:デジタル大辞泉)

モールス符号もーるすふごう
意味:短点と長音の組合せによって文字や記号を表す電信符号。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

PINピン
意味:クレジットカード、キャッシュカードなどの暗証番号。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました