パスポートとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

パスポート

「パスポートを取得する。」などのように使う「パスポート」という言葉。

英語では「passport」と表記します。

「パスポート」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「パスポート」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

パスポートの意味

「パスポート」には次の意味があります。

国民が外国に旅行や滞在をする時、本国が渡航する人の国籍や身分を証明し、外国官憲に便宜供与と保護を依頼する公文書。(出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」)

日本語では旅券と言います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・言葉はパスポートを持たないで、簡単に外国へ行くことができるらしい。
(出典:稲垣美晴『フィンランド語は猫の言葉』)

・岩崎はそこに記されているパスポートの文字を次々と読み、中を調べた。
(出典:胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』)

・もしジムになにかあれば、二頭はパスポートを自分のものにするだろう。
(出典:ゴードン・R・ディクスン『ドラゴンの騎士〔上〕』)

・もしそうしなければ、いつまでたっても、パスポートは手に入りません。
(出典:井田真木子『プロレス少女伝説』)

・それは確かに、ヤクザに取り上げられたはずの自分のパスポートだった。
(出典:山本弘『妖魔夜行 悪夢ふたたび』)

類語

旅券りょけん
意味:一国の官庁が,外国に旅行し,滞在しようとする自国民に対して交付する公文書。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

査証さしょう
意味:外国への入国に際して必要とされる証印。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

ビザ
意味:ビザ(Visa)とは、外国人の入国に必要な入国許可瑞ソ証明の一部(日本国の定義による)である。(出典:留学用語集:(株)ラストリゾート)

出切手だしきって
意味:江戸時代、領内の往来、または他領へ行く際に必要とした通行許可証。(出典:精選版 日本国語大辞典)

明証めいしょう
意味:はっきり証明すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました