バーチャルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

バーチャル

「バーチャル体験」などのように使う「バーチャル」という言葉。

英語では、「virtual」と表記します。

「バーチャル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「バーチャル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

バーチャルの意味

「バーチャル」には次の意味があります。

実体を伴わないさま。仮想的。疑似的。(出典:デジタル大辞泉)

「バーチャル空間」であれば、「仮想的な空間」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・みんな小説で読んだり映画で観たりしただけのバーチャルな体験だ。
(出典:山本弘『神は沈黙せず』)

バーチャルゲームの中なら、僕はヒーローだったはずなのに。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 第1巻 黒雪姫の帰還』)

・彼女が自然に「街」と言ったのが、つまりはネット上のバーチャルな場のことである。
(出典:森博嗣『G 7 目薬αで殺菌します』)

バーチャルな恋愛がつまらないとか、ストレスのはけ口だとか言いたいわけではない。
(出典:山本文緒『結婚願望』)

・SAO出身者は、リアルとバーチャルを混同しがちなのかもしれない。
(出典:九里史生『SAO-Web-0407-第八章2』)

類語

仮想(かそう)
意味:実際にはない事物を、仮にあるものとして考えてみること。(出典:デジタル大辞泉)

空虚(くうきょ)
意味:物事に実質的な内容や価値のないさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

仮想現実(かそうげんじつ)
意味:コンピューターを用いて人工的な環境を作り出し、あたかもそこにいるかのように感じさせること。(出典:デジタル大辞泉)

幻影(げんえい)
意味:感覚の錯誤によって、実際には存在しないのに、存在するかのように見えるもの。(出典:デジタル大辞泉)

見掛(みせかけ)
意味:実際はそうでないのに、それらしく見えるようにする。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました