バズるとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

バズる

「ツイートがバスった」などのように使う「バズる」という言葉。

「バズる」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「バズる」の意味や使い方や類語について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

バズるの意味

「バズる」には次の意味があります。

俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。(出典:デジタル大辞泉)

特にSNSでの発信が流行り、一気に拡散された状態のことを言います。人が噂するなどを意味する英語の「Buzz」から来ています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・Twitterの発信がバズる

・YouTubeがバズって一躍有名になった。

バズったら宣伝してもいいらしい。

スポンサーリンク

類語

バズマーケティング
意味:いわゆる口コミマーケティングのこと(出典:デジタル大辞泉)

流行る(はやる)
意味:その時代の人々の好みに合って、盛んに世の中に行われる。世間で広くもてはやされる。流行(りゅうこう)する。(出典:デジタル大辞泉)

バズ
意味:うわさ話。口伝えに広まる評判。(出典:デジタル大辞泉)

インフルエンサー
意味:他に影響力のある人やもののこと。(出典:デジタル大辞泉)

炎上する(えんじょうする)
意味:インターネット上のブログなどでの失言に対し、非難や中傷の投稿が多数届くこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました