バカンスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

バカンス

「バカンスに行く」などのように使う「バカンス」という言葉。

フランス語では「vacances」と表記します。

「バカンス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「バカンス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

バカンスの意味

「バカンス」には次の意味があります。

連続した休暇。また、それを利用した保養や行楽。(出典:精選版 日本国語大辞典)

日本語の「連休」、英語の「バケーション」と同じ意味で、何日も休み楽しむことを表します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・バリにバカンスにいってきて、おみやげを渡したいから出てこられない?
(出典:角田光代『愛がなんだ』)

・これは一九七九年に四週間のバカンスになり、八七年から五週間に拡大された。ヨーロッパ各国はこの「バカンス法」を相次いで制定した。
(出典:宮原安春『軽井沢物語』)

・とくにヨーロッパからのバカンス客は到着前からバカンスに浸っている。
(出典:谷川一巳『世界の「空港」物語』)

・コンスタントに見るのはオーストラリアとヨーロッパからのバカンス客だ。
(出典:谷川一巳『世界の「空港」物語』)

・しかし、二人が同じ時間を過ごしたのは、学生時代のバカンスの間だけのこと。
(出典:東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』)

スポンサーリンク

類語

休み(やすみ)
意味:休む時間・日・期間。(出典:デジタル大辞泉)

ホリデー
意味:休日。祭日。(出典:デジタル大辞泉)

請暇(しんか)
意味:休暇を願い出ること。また、その休暇(出典:デジタル大辞泉)

バケーション
意味:保養・旅行などのための、比較的長い休暇。(出典:デジタル大辞泉)

連休(れんきゅう)
意味:休みの日が続くこと。また、その休日。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました