バイナリーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

バイナリー

「バイナリーオプション」などのように使う「バイナリー」という言葉。

「バイナリー」は、英語で「binary」と表記します。

「バイナリー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「バイナリー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

バイナリーの意味

「バイナリー」には次の意味があります。

多く複合語の形で用い、二つの、二つから成る、また二進法である、の意を表す。(出典:デジタル大辞泉)

もともと「二進法」を意味する言葉ですが、「二つの」や「二者一択」などの意味で使うことが多いです。
投資用語で使われるバイナリーオプションは、特定のレートを上回るか下回るかを選択する二者択一の方法のことです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

バイナリー駆動方式が採用された。
(出典:賀東招二『フルメタル・パニック!短編集6 あてにならない六法全書?』)

・両者をどんぶりの中で合体させるというバイナリー方式で解決を見た。
(出典:秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その4』)

・データフォーマットは独自のバイナリー形式である。

バイナリーの特徴は2系列だから簡単なのだと勘違いをする会員も多いといえる。

スポンサーリンク

類語

二者択一(にしゃたくいつ)
意味:二つの事物のうち、一方を選ぶこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

二進法(にしんほう)
意味:2倍ごとに桁(けた)を一つ増やす記数法。(出典:デジタル大辞泉)

連星(れんせい)
意味:二つ以上の恒星が互いに引力を及ぼし合い、共通の重心の周囲を公転運動しているもの。(出典:デジタル大辞泉)

二重星(にじゅうせい)
意味:肉眼では一つの星に見えるが、望遠鏡で見ると互いに接近して同じ方向に見える2個の恒星。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました