バイオハザードとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

バイオハザード

「バイオハザードマークが掲げられていた」などのように使う「バイオハザード」という言葉。

英語では「biohazard」と表記します。

「バイオハザード」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「バイオハザード」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

バイオハザードの意味

「バイオハザード」には次の意味があります。

生物災害。ウイルスなどの有害な生物が自然環境へ漏れでて、人間や自然界の生物に及ぼす害や、こうした微生物が作り出す毒素などによる害をいう。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

「バイオハザード」をわかりやすく言うと「有害なウイルスや細菌などが原因で起きた災害」という意味になります。特に実験などで、病原体になり得るウイルスが外部に漏れることを指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・俺はやがて起こるバイオハザードに戦慄しながら隠れ家を探した。
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 1 鬼隠し編』)

・まさか本気でバイオハザード的大被害だいひがいを危惧きぐしているわけでもなかろうに。
(出典:葵せきな『生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1』)

・全地球規模の核戦争やバイオハザードが今この瞬間に起きたとしても、この島にいれば数年は持ちこたえられる。
(出典:鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 2』)

・対バイオハザード用の緊急設備。
(出典:三雲岳斗『レベリオン 第4巻』)

・黒いTシャツの前面には、バイオハザード・マークが白く染め抜かれていた。
(出典:貴志祐介『青の炎』)

類語

生物テロ (せいぶつてろ)
意味:病原性微生物や毒素などの生物剤を兵器として使用するテロ攻撃。(出典:デジタル大辞泉)

バイオテロ
意味:細菌・ウイルスなどを使って多数の人を無差別に殺そうとする行為。(出典:デジタル大辞泉)

生物兵器 (せいぶつへいき)
意味:人間・動物・植物に有害な細菌・ウイルスなどを使用して作られる兵器。(出典:デジタル大辞泉)

NBC災害 (エヌビーシーさいがい)
意味:原発事故のような核による災害、炭疽菌(たんそきん)事件のような生物による災害、サリン事件のような化学物質による災害の総称。(出典:デジタル大辞泉)

生物災害 (せいぶつさいがい)
意味:病原微生物などがヒトやその他の生物に対して与える健康災害の総称。(出典:百科事典マイペディア)

タイトルとURLをコピーしました