ハングオーバーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ハングオーバー

「お酒を飲み過ぎて、ハングオーバーになった」などのように使う「ハングオーバー」という言葉。

英語では「hangover」と表記します。

「ハングオーバー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ハングオーバー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ハングオーバーの意味

「ハングオーバー」には次の意味があります。

二日酔い。また、後遺症。(出典:デジタル大辞泉)

「ハングオーバー」は「後遺症」という意味の言葉ですが、特に「二日酔い」という意味で使うことが多いです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・いくらか頭が重く、冬ながら雲一つなく晴れわたっているらしい明るい陽ざしを、眩しく感じ、この程度のハングオーバーなら、まず上々の部だから、禅介、とりあえず寝煙草の火をつけ、「おーイ、新聞持ってきてくれ」気楽に怒鳴ったのだ。
(出典:野坂昭如『てろてろ』)

・昨夜飲みすぎてハングオーバーになった。

ハングオーバーばかりの生活が続いて肝臓がよくない。

スポンサーリンク

類語

二日酔い(ふつかよい)
意味:急性アルコール中毒の症状が翌日までも続いた状態。アルコール性胃炎による悪心、嘔吐(おうと)や、頭痛、めまいが主症状。宿酔。ふつかえい。(出典:精選版 日本国語大辞典)

宿酔(しゅくすい)
意味:酒の酔いが翌日まで残ること。酒を飲み過ぎた日の翌日に起こる頭痛、胃痛、吐気などの中毒症状。ふつかよい。宿酒。宿酲。(出典:精選版 日本国語大辞典)

宿酲(しゅくてい)
意味:ふつかよい。宿酔。(出典:デジタル大辞泉)

急性アルコール中毒(きゅうせいあるこーるちゅうどく)
意味:短時間に多量のアルコール飲料を摂取したときに生じる、エチルアルコールの中毒。症状には個人差があるが、一般に血中アルコール濃度が0.4パーセントを超えると昏睡状態に陥り、死に至る可能性が高まるとされる。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました