ハラスメントとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ハラスメント

「上司からハラスメントを受けた」などのように使う「ハラスメント」という言葉。

英語では「harassment」と表記します。

「ハラスメント」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ハラスメント」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ハラスメントの意味

「ハラスメント」には次の意味があります。

嫌がらせ。いじめ。(出典:デジタル大辞泉)

セクシャル・ハラスメント、パワー・ハラスメント等様々な種類のハラスメントがありますが、ハラスメントは特に「セクシャル・ハラスメント」を意味することが多いです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・なによりも若い女性アナに対するセクシュアル・ハラスメントであり、彼女をひどく傷つけていると感じた。
(出典:小林信彦『怪物がめざめる夜』)

・遅れてやってきた自意識と戦い、さまざまなハラスメントを鈍感さで乗り切ったところで三十代。
(出典:長嶋有『ぼくは落ち着きがない』)

・孔明の雰囲気ハラスメントに耐えられなくなった刺客は薄く恐怖の表情を貼り付かせ、小便を漏らしそうな演技をし、手洗いに行くと言って部屋を脱け出した。
(出典:酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』)

・セクシュアル・ハラスメント該当事項が随分多くなった。
(出典:松浦理英子『優しい去勢のために』)

スポンサーリンク

類語

嫌がらせ(いやがらせ)
意味:相手の嫌がることをしたり言ったりして、わざと困らせること。また、その言行。(出典:デジタル大辞泉)

苛める(いじめる)
意味:弱い者に対して意識的に精神的または肉体的な苦痛を与える。いじわるをして苦しめる。いためつける。さいなむ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

甚振る(いたぶる)
意味:おどして金品をとる。また、痛め付けたり、嫌がらせをする。ゆする。(出典:)

煩わす(わずらわす)
意味:心配させる。悩ます。(出典:デジタル大辞泉)

悩ます(なやます)
意味:悩むようにする。苦しめる。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました