ドラスティックとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ドラスティック

「ドラスティックな改革」などのように使う「ドラスティック」という言葉。

英語で「drastic」と表記します。

「ドラスティック」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ドラスティック」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ドラスティックの意味

「ドラスティック」には次の意味があります。

(社会の変化や政策などが)徹底的で過激なさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

思想や、行動、やり方が、恐ろしく過激で思い切った様、手段がすさまじく、徹底している様を指します。
根底から覆すほどの大きな変化が起こった場合にのみに使われますので、使い方には注意が必要です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

ドラスティックの使い方・例文

・たった数年のあいだに、旭川は私たちの眼の前でドラスティックに変った。
(出典:津野海太郎『小さなメディアの必要』)

・その結果、人間の生活と意識をドラスティックに変えつつある。
(出典:藤石金弥『コクピット クライシス』)

・これぐらいドラスティックなことをすれば、嫌いやでも二人の距離は縮ちぢまるだろうという公算こうさんだ。
(出典:竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第4巻』)

・しかしながら、これほどまでにドラスティックな形で、ソヴィエトが崩壊することを誰が想像しただろうか?
(出典:大石英司『B-1爆撃機を追え』)

類語

徹底的(てっていてき)
意味:徹底するさま。どこまでも一貫して行うさま。(出典:デジタル大辞泉)

抜本的(ばっぽんてき)
意味:物事の根本にもどって全体を考えるさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

過激(かげき)
意味:度を越して激しいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました