トルネードとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

トルネード

「トルネードによる被害」などのように使う「トルネード」という言葉。

英語では「tornado」と表記します。

「トルネード」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「トルネード」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

トルネードの意味

「トルネード」には次の意味があります。

北アメリカ大陸の中南部地方に多く起こる大規模な竜巻。(出典:デジタル大辞泉)

気象現象の一つです。
地上に発生した竜巻をトルネード、水上に発生したものをウォータースパウト、また、地表に影響しない竜巻をファネル・アロフトと呼びます。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・たちまち海水が渦を巻き、それはすぐに巨大なトルネードへと変わる。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 第10巻 -Elements』)

・風は氷の板をたたいて、その上で分裂し、無数のトルネードとなって荒れ狂った。
(出典:ジョン・ヴァーリイ『ティーターン』)

・理屈も理論も関係なしの、くすぐったい桜色のトルネードのただ中に。
(出典:竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ! 第1巻 幸福の桜色トルネード』)

・これはリングワールドにおける、惑星でいえばハリケーンやトルネードのようなものだ。
(出典:ラリイ・ニーヴン『リングワールド・シリーズ(全4巻) 4 リングワールドの子供たち』)

・新宿にトルネード並みの大台風がきた夜のことでした。なにをやってるんでしょうか。
(出典:桜庭一樹『GOSICK 第1巻』)

スポンサーリンク

類語

台風たいふう
意味:北太平洋西部の熱帯海上、北緯5~20度付近で発生し、最大風速が毎秒17.2メートル以上の熱帯低気圧。8月、9月に多い。(出典:デジタル大辞泉)

ハリケーン
意味:北大西洋および北太平洋東部で発生する発達した熱帯低気圧。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

竜巻たつまき
意味:積乱雲から垂れ下がった激しく回転する気柱。…局地的な大気現象の一種であるが、もっとも破壊的な現象である。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

旋風つむじかぜ
意味:小規模な回転する風の渦巻で、辻風(つじかぜ)、つむじ風ともいう。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

渦巻うずまき
意味:渦を巻くこと。また、渦を巻いている水流や気体。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました