トライアルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

トライアル

「トライアル期間を経て本採用となる」などのように使う「トライアル」という言葉。

英語では「trial」と表記します。

「トライアル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「トライアル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

トライアルの意味

「トライアル」には次の意味があります。

試すこと。試み。試行。特に、運動競技の試技、また予選試合。(出典:デジタル大辞泉)

「トライアル期間を経て本採用となる」は、「試用期間を経過したのちに正式採用されることとなる」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・高根沢は4m90を跳び5mをパスして5m10に挑んだが、3回のトライアルでいずれもバーを落としてしまった。
(出典:山際淳司『スローカーブを、もう一球』)

・タイムトライアルもまともにしたことがない。
(出典:川島誠『800』)

・ビービー泣く子供がやっと寝てくれて、ほっとしながら新聞を見ていたある日、「化粧品のトライアルセット、プレゼント」という文字がとびこんてきた。
(出典:群ようこ『無印おまじない物語』)

・人生には「トライアル・アンド・エラー」があるもので、行動科学はこのエラーをみつけてカットする役目をもっている。
(出典:草柳大蔵『実力者の条件 この人たちのエッセンス』)

類語

試行(しこう)
意味:ためしにやってみること。試みにすること。(出典:デジタル大辞泉)

試技(しぎ)
意味:試合の前の予備的な演技。トライアル。(出典:デジタル大辞泉)

試用(しよう)
意味:人や物をためしに用いること。試みに使うこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

テスト
意味:実際の使用条件に近い条件で、ものの良否を調べること。また、理論として考えられたことを実地に応用して、その当否を調べること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

試み(こころみ)
意味:ためしにやってみること。企て。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました