デビットカードとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

デビットカード

「デビットカードで支払う」などのように使う「デビットカード」という言葉。

英語では「debit card」と表記します。

「デビットカード」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「デビットカード」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

デビットカードの意味

「デビットカード」には次の意味があります。

・キャッシュカードとしての機能の他に、買い物時に自分の口座からの即時決済機能を備えたカード。
(出典:デジタル大辞泉)

キャッシュレス決済の一つ。
自身の口座から直接引き落とされるため、クレジットのように後日請求されたり、無い以上のお金を使うことはありません。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ところでデビットカードって何?

デビットカードはATMで現金を引き落とす手間がないところでしょうか。

・あまりにも請求額が多いから制限を設けようと思ったんだけど、結局口座とデビットカードを渡して好きなようにやらせることにしたのよ。

類語

クレジットカード
意味:特定の会員に代金の回収を一定期間猶予するものとして発行される証明書で,消費者信販制度の一種。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目辞典)

・キャッシュカード

意味:銀行など金融機関が預金者に対して発行する口座番号などを記憶したプラスチック製の磁気カード。自動預払機に挿入すると預金の引き出しなどが印鑑・通帳なしでできる。(出典:デジタル大辞泉)

・口座振替(こうざふりかえ)

意味:自動振替ともいう。金融機関の一種の支払代行業務で,預金者の依頼に基づいて公共料金その他指定する種目の代金を預金口座から自動的に引落して,収納企業の預金口座へ振込む手続をいう。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目辞典)

・電子マネー(でんしまねー)

意味:金銭の価値を ICカードなどに蓄積する電子情報に置き換え,商品購入の際の少額決済をするシステム。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目辞典)

・ICカード(あいしーかーど)

意味:ICを組み入れたカード。キャッシュカードやクレジットカード、プリペイドカードなどに利用される。従来の磁気カードに比べ、大量の情報を記録でき、また偽造されにくいという特徴をもつ。(出典:)

タイトルとURLをコピーしました