デザインとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

デザイン

「インテリアデザイン」などのように使う「デザイン」という言葉。

英語では「design」と表記します。

「デザイン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「デザイン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

デザインの意味

「デザイン」には次の意味があります。

目的をもって具体的に立案・設計すること。(出典:デジタル大辞泉)

建築や、工業製品、美術品について造形を作り上げることを表します。
広義の意味でそれ以外のアイディア等無形のものについても使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・母が、古い映画かなにかで見たものを真似してデザインしたのだそうだ。
(出典:タニス・リー『銀色の恋人』)

・フランスでのデザインの勉強は、大学のころからの彼女の夢だったんだ。
(出典:佐竹一彦『警視庁公安部』)

・二十代から三十代の男女で、着ている服も奇抜なデザインのものが多い。
(出典:西村京太郎『死への招待状』)

・統一感を持ってデザインされた印刷用の文字は、フォントと呼ばれます。
(出典:富田倫生『本の未来』)

・そこには彼がこれまでに見たことのないデザインがいくつもあった。
(出典:東野圭吾『幻夜』)

類語

考案(こうあん)
意味:工夫して考え出すこと。(出典:デジタル大辞泉)

企画(きかく)
意味:ある事を行うために計画をたてること。また、その計画。くわだて。(出典:デジタル大辞泉)

装飾(そうしょく)
意味:飾ること。美しく装うこと。(出典:デジタル大辞泉)

立案(りつあん)
意味:工夫して計画を立てること。案を立てること。(出典:デジタル大辞泉)

青写真(あおしゃしん)
意味:おおよその計画。また、未来の構想。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました