ディスパッチとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ディスパッチ

「ディスパッチする」などのように使う「ディスパッチ」という言葉。

英語では「dispatch」と表記します。

「ディスパッチ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ディスパッチ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ディスパッチの意味

「ディスパッチ」には次の二つの意味があります。

1 急いで派遣すること。急派。急送。
2 複数のプログラムを同時に実行するマルチタスクOSやマルチプロセッサーにおいて、処理すべきプログラム(タスク)の優先順位を決定して、CPUに割り当てること。
(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

ディスパッチの意味①「急いで派遣すること。急派。急送。」

「ディスパッチ」の一つ目の意味は「急いで派遣すること。急派。急送。」です。

一つ目の「ディスパッチ」の意味は、「人や物を急いで送ること。」です。
その他にも、「発送」という意味があります。
海外ではよく使われる表現です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ネットショッピングで購入した商品は、明日にもディスパッチの予定です。

・急ぎで人不足の部署に別の部署の人をディスパッチする。

・彼は急いで仕事場に緊急のメッセージをディスパッチした。

スポンサーリンク

類語

・発送(はっそう)
意味:荷物や郵便物などを送り出すこと。(出典:デジタル大辞泉)

・急送(きゅうそう)
意味:物を急いで送ること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

派遣(はけん)
意味:ある使命をもっておもむかせること。(出典:デジタル大辞泉)

・急派(きゅうは)
意味:いそいで派遣すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ディスパッチの意味②「複数のプログラムを同時に実行するマルチタスクOSやマルチプロセッサーにおいて、処理すべきプログラム(タスク)の優先順位を決定して、CPUに割り当てること。」

「ディスパッチ」の二つ目の意味は「複数のプログラムを同時に実行するマルチタスクOSやマルチプロセッサーにおいて、処理すべきプログラム(タスク)の優先順位を決定して、CPUに割り当てること。」です。

二つ目の「ディスパッチ」の意味は、ITの分野では複数の対象から一つを選びだしたり、データ送信、昨日の割り当てなどを表すことが多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・自作のアプリにディスパッチ操作を行う。

・OSのアップデートの性能を向上させるために、細かいディスパッチ操作をする。

・CPUの性能向上により、ディスパッチ操作も詳細に支持が可能となり、多くの進歩をもたらした。

類語

・ディスパッチャー
意味:一連のデータ、あるいは制御の流れを、その内容や用途に応じて振り分ける処理を行なうシステム。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

タイトルとURLをコピーしました