ディスタンスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ディスタンス

「ソーシャルディスタンス」などのように使う「ディスタンス」という言葉。

英語では「distance」と表記します。

「ディスタンス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ディスタンス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ディスタンスの意味

「ディスタンス」には次の意味があります。

距離。道のり。また、隔たり。(出典:デジタル大辞泉)

「ディスタンス」は最近ではテレビやネットで目にすることが多くあり、距離や間隔としてよく使られる言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あと一週間ほどのちに迫った全日本富士ロング・ディスタンス三百五十マイル・レースを控えて、このレース・コースでは二十数台のマシーンが練習とセッティングに熱中していた。
(出典:大藪春彦『非情の女豹』)

・ビコーズそのホテルはあまりにもここよりロング・ディスタンスに存在しワイフは披露している。
(出典:筒井康隆『富豪刑事』)

・ソーシャルディスタンスを保つことで、飛沫感染を少しでも抑えることができる。

・全日本富士ロング・ディスタンス三百五十マイル・レースのほうはもう結果が出ていて、ターボ勢は全滅し、優勝したのはグループ6の二座席レーシング・カーであった。
(出典:大藪春彦『非情の女豹』)

類語

距離(きょり)
意味:二つの場所や物事の間の隔たり。(出典:デジタル大辞泉)

間隔(かんかく)
意味:物と物とのあいだの距離。(出典:デジタル大辞泉)

隔たる(へだたる)
意味:二つのものが、場所的または時間的に遠く離れる。(出典:大辞林 第三版)

長さ(ながさ)
意味:長いこと。また、その程度。(出典:大辞林 第三版)

延長(えんちょう)
意味:長さ、期間などを予定よりも延ばすこと。また、延ばした部分。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました