ディスるとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ディスる

「相手をディスる」などのように使う「ディスる」という言葉。

「ディスる」は、「ディスリスペクト」の略語です。

「ディスる」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ディスる」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ディスるの意味

「ディスる」には次の意味があります。

否定する。批判する。けなす。(出典:デジタル大辞泉)

「ディスリスペクト」は動詞で「無礼なことをする、軽蔑する」という意味の言葉で、「ディスる」はこれを省略した言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・俺の毛根をディスるのだけはいくらなんでも許せねえぞ!
(出典:竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 4巻 裏腹なる don’t look back』)

・公衆の面前でディスられる。

・ラップで相手をディスる

スポンサーリンク

類語

罵倒ばとう
意味:激しい言葉でののしること。(出典:デジタル大辞泉)

辛辣しんらつ
意味:言葉や表現が非常に手厳しい・こと(さま)。 (出典:大辞林 第三版)

中傷ちゅうしょう
意味:根拠のないことを言いふらして、他人の名誉を傷つけること。(出典:デジタル大辞泉)

毒づくどくづく
意味:はげしく悪口を言う。(出典:精選版 日本国語大辞典)

雑言ぞうごん
意味:あれこれ悪口を言うこと。また、その悪口。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました