テンパるとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

テンパる

「緊張でテンパる」などのように使う「テンパる」という言葉。

マージャンの「テンパイ(聴牌)」を動詞化した言葉です。

「テンパる」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「テンパる」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

テンパるの意味

「テンパる」には次の二つの意味があります。

1 マージャンで、あと一枚そろえばあがるという状態に達する。
2 俗に、せっぱつまった状態になる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

テンパるの意味①「マージャンで、あと一枚そろえばあがるという状態に達する。」

「テンパる」の一つ目の意味は「マージャンで、あと一枚そろえばあがるという状態に達する。」です。

元々はマージャン用語の「聴牌」が由来となっています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・南に入って、ハネる手を二度テンパった。
(出典:阿佐田哲也『新麻雀放浪記』)

類語

崖っ縁がけっぷち
意味:限界ぎりぎりにある状況・状態。(出典:デジタル大辞泉)

土俵際どひょうぎわ
意味:物事が決着する瀬戸際。土壇場。(出典:デジタル大辞泉)

窮地きゅうち
意味:追い詰められて逃げ場のない苦しい状態や立ち場。(出典:デジタル大辞泉)

瀬戸際せとぎわ
意味:勝負・成否などの分かれ目。(出典:デジタル大辞泉)

テンパるの意味②「俗に、せっぱつまった状態になる。」

「テンパる」の二つ目の意味は「俗に、せっぱつまった状態になる。」です。

焦ってパニックになる様子を表します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・辰吉に頬を触れられている深見さんは、顔を真っ赤にしてテンパっていた。
(出典:松野秋鳴『えむえむっ! 第02巻』)

テンパっていたが、そんなもん知るか、こっちだってテンパってんだ。
(出典:竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん 第01巻』)

テンパりすぎて何の説明にもなっていなかった。
(出典:平坂読『ラノベ部 第2巻』)

・だが誰かさんと同じように街だってテンパるときがある。
(出典:石田衣良『池袋ウエストゲートパーク』)

類語

有頂天うちょうてん
意味:物事に熱中して夢中になること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

滾るたぎる
意味:激する気持ちが盛んにわきおこる。わきあがる。(出典:デジタル大辞泉)

興奮こうふん
意味:感情が高ぶること。(出典:デジタル大辞泉)

激発げきはつ
意味:はげしく奮い立つこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました