テイクアウトとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

テイクアウト

「コーヒーをテイクアウトできますか?」などのように使う「テイクアウト」という言葉。

英語では「takeout」と表記します。

「テイクアウト」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「テイクアウト」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

テイクアウトの意味

「テイクアウト」には次の意味があります。

飲食店などで、料理や飲み物などを持ち帰ること。また、その料理など。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「テイクアウト」をわかりやすく言うと「お店で注文した、主に食べ物や飲み物を、その場で飲食せずに、自宅や職場へ持って帰る」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・こう言ってくれている鶴屋さんのためにも、お宝を絶対テイクアウトするのよ。
(出典:谷川流『7 涼宮ハルヒの陰謀』)

・壁に向かってカウンターがあり、そこでテイクアウトしたものを食べることもできる。
(出典:山際淳司『ニューヨークは笑わない』)

・違うのはお気にいりの女の子がいたら、店に金を払いテイクアウトできるってところだ。
(出典:石田衣良『池袋ウエストゲートパーク 第3巻 骨音』)

テイクアウトのピザでも注文しているのだろうか?
(出典:秋山瑞人『E.G.コンバット』)

・するとそこには、テイクアウト用のドリンクカップを片手に持った黒雪姫の姿があった。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 第13巻 -水際の号火』)

類語

御持帰り (おもちかえり)
意味:「持ち帰り」の美化語。「レストランのお持ち帰りメニュー」(出典:デジタル大辞泉)

持帰り (もちかえり)
意味:持って帰ること。買った品物などを自分で持って帰ること。(出典:デジタル大辞泉)

料理店 (りょうりてん)
意味:客の注文に応じて料理を供する店。(出典:世界大百科事典 第2版)

キャリーアウト
意味:レストランなどの料理を持ち帰ること。(出典:デジタル大辞泉)

持帰 (もちかえり)
意味:持って帰ること。一般には、その場ですませるような飲食物を、持って帰ること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました