ツイードとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ツイード

「ツイードのパンツ」などのように使う「契約」という言葉。

英語では「tweed」と表記します。

「ツイード」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「契約」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ツイードの意味

「ツイード」には次の意味があります。

太い羊毛を、綾織または平織にした、ざっくりとした感じの紡毛織物。元来はスコットランド産ホームスパンの手織りをいった。ツイード織。(出典:精選版 日本国語大辞典)

元はスコットランド産の毛織物のことを指します。
秋冬の衣服に用いられる温かみのある布地のことです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・髪の大分白くなった、小太りな男が、上等なツイードを着て立っている。
(出典:赤川次郎『こちら、団地探偵局 PART2』)

・レイ子が彼にたのんだ調査というのは、例のツイードの上着のことだった。
(出典:広瀬正『マイナス・ゼロ』)

・女性は白いブラウスに、チェックのツイード地のスカートをはいている。
(出典:ディック/仁賀克雄訳『人間狩り ―ディック短編集』)

ツイード地の服と赤靴とで、かれだということがメイスンには見分けがついた。
(出典:ガードナー/能島武文訳『ビロードの爪』)

・夜会服を着ているのもあれば、ツイードやジャンパーという普段着のもいる。
(出典:セイヤーズ/河野一郎訳『疑惑・アリババの呪文』)

スポンサーリンク

類語

スコッチ
意味:スコッチツイードの略。(出典:百科事典マイペディア)

ホームスパン
意味:紡毛織物の一種。(出典:百科事典マイペディア)

ニット
意味:編んでつくった服や生地。(出典:精選版 日本国語大辞典)

厚地あつじ
意味:厚いきれ地。(出典:精選版 日本国語大辞典)

織物おりもの
意味:糸を経 (たて) 糸と緯 (よこ) 糸にして織り上げたもの。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

タイトルとURLをコピーしました