チープとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

チープ

「チープ」などのように使う「チープ」という言葉。

英語では「cheap」と表記します。

「チープ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「チープ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

チープの意味

「チープ」には次の意味があります。

安いこと。安っぽいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「チープ(cheap)」はもともと「安い」や「安価」という意味の言葉ですが、カタカナ語として使う場合は「安っぽい」という否定的な意味合いが強いです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そうかといって、あまりにもチープなものは、私の指に似合わないって感じ。 
(出典:林真理子『美女入門 PART3』)

・頭の後ろで両手を組んでチープなポーズを作った。 
(出典:飛鳥部勝則『バベル消滅』)

・フリントホイールつきのチープな百円ライターの炎の噴出口のカバー部分がない。
(出典:日明恩『埋み火』)

チープな少女漫画的観念の純粋物質です。
(出典:嶽本野ばら『それいぬ 正しい乙女になるために』)

・大き過ぎる胸は、高校生にも拘わらずチープな私に仕立て上げてくれない。(出典:若合春侑『無花果日誌』)

スポンサーリンク

類語

廉価(れんか)
意味:値段が安いこと。安い値段。また、安いさま。安価。(出典:デジタル大辞泉)

下直(げじき)
意味: 値段の安いこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

低級(ていきゅう)
意味:等級や内容・品質などの程度が低いこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

安価(あんか)
意味:値段の安いこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

低廉(ていれん)
意味:金額が安いこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました