ダークサイドとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ダークサイド

「ダークサイドを描く」などのように使う「ダークサイト」という言葉。

「ダークサイド」は、英語で「dark side」と表記します。

「ダークサイド」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ダークサイト」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ダークサイドの意味

「ダークサイド」には次の意味があります。

社会や人生の裏面。暗黒面。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「ダークサイド」は「暗いところ」という意味の言葉で、比喩的に「人生や社会の表に現れない暗い部分」という意味で使います。
反対語は「ライトサイド」や「サニーサイド」です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ヨーダは「憎しみに負けるとダークサイドに堕ちてしまう」と言います。
(出典:岩月謙司『女は男のどこを見ているか』)

・この二作品はだんだんサニーサイドとダークサイドになっていった。
(出典:内田春菊『やられ女の言い分』)

・俺がダークサイドに落ちるとしたらこんな小金で満足するか!
(出典:有川浩『キケン』)

・かつてダークサイドで青春を過した会沢には、隅田の想像もつかないような特殊な情報網があった。
(出典:半村良『石の血脈』)

・そこにダークサイドなんか存在しない、そうじゃないのか。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 第2巻 -紅の暴風姫』)

類語

暗黒あんこく
意味:未知であること。たしかに存在するが、その正体が直接明らかになっていないこと。(出典:デジタル大辞泉)

ダークエネルギー
意味:暗黒エネルギー。宇宙に存在し、負の圧力としてはたらき、宇宙の加速膨張を引き起こす仮想的なエネルギー。(出典:デジタル大辞泉)

ネガ
意味:被写体の明暗が逆転した階調で表現された写真.(出典:化学事典 第二版)

歪みゆがみ
意味:物事の進行する途中で欠陥の生じること。また、その欠陥や悪影響。(出典:デジタル大辞泉)

暗部あんぶ
意味:暗い部分。特に、不正な真実などが隠されている陰の部分。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました