ダイバーシティとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ダイバーシティ

「ダイバーシティマーケティング」などのように使う「ダイバーシティ」という言葉。

英語表記では「Diversity」と書きます。

「ダイバーシティ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ダイバーシティ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ダイバーシティの意味

「ダイバーシティ」には次の意味があります。

・ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。(出典:ナビゲート)

「ダイバーシティ」は「多様性」と訳されます。
もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったですが、現在では性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価値観などの多様性を受け入れ、広く人材を活用することで生産性を高めようとするマネジメントについていいます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

ダイバーシティの使い方・例文

ダイバーシティを認めることは、豊かな社会をつくる上で欠かせない。

ダイバーシティを重視する企業は将来性がある。

・性的マイノリティーの権利を認めるダイバーシティの考え方は、当然のことである。

類語

・多様性(たようせい)
意味:いろいろな種類や傾向のものがあること。変化に富むこと。「生物の多様性を保つ」(出典:デジタル大辞泉)

・バリエーション(ばりえーしょん)
意味: 物事の変化。また、物の変型・変種など。(出典:デジタル大辞泉)

・バラエティ(ばらえてぃ)
意味: 歌、踊り、寸劇、奇術などの演芸を並べたショーの一形式。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

バイオダイバーシティ(ばいおだいばーしてぃ)
意味:生物多様性(出典:デジタル大辞泉について)

タイトルとURLをコピーしました