ゾンビとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ゾンビ

「ゾンビ映画」などのように使う「ゾンビ」という言葉。

英語では「zombie」と表記します。

「ゾンビ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ゾンビ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ゾンビの意味

「ゾンビ」には次の意味があります。

ブードゥ教で、まじない師が生き返らせて霊力で操る死人。また、邪悪な霊力などによって、生きた姿を与えられた死体。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ブードゥー教とゾンビの関係は、あまり知られていないでしょう。現在は、ゲームや映画などでゾンビという言葉や、その見た目は世間的によく知られるところとなっています。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あんたがいるから、守ろうとしてまだ動いてるだけのゾンビみたいって。
(出典:桜庭一樹『私の男』)

・まだぼんやりしている視野の隅に、迫ってくるゾンビたちの足が映った。
(出典:山本弘『サーラの冒険 3 君を守りたい !』)

・両手をゾンビみたいに伸ばして、動きを止めようと 掴みかかってくる。
(出典:暁works『るいは智を呼ぶ3 鳴滝こより』)

・魔術師によると、生きている人間をゾンビにする方法は、三つあるという。
(出典:桐生操『黒魔術白魔術』)

ゾンビの腐りかけた膝はその衝撃に耐えきれず、派手にひっくり返った。
(出典:山本弘『サーラの冒険 3 君を守りたい !』)

類語

ブードゥー教ブードゥーきょう
意味:西インド諸島のハイチを中心に広まっている民間信仰。奴隷貿易によってアフリカから西インド諸島へ連行された黒人奴隷の間に広がる信仰とキリスト教が習合して成立した。(出典:)

デーモン
意味:語源はギリシア語のダイモーンdaimōnに由来し、本来は死者の魂の意であった。このため、善悪両方の側面をもち、人間に不幸をもたらす邪悪な存在としてばかりではなく、神に限りなく近い存在(半神)とみなされることもあった。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

死霊しりょう
意味:死者の霊魂のこと。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

亡魂ぼうこん
意味:死んだ人の霊。死人の魂。また、成仏できないで迷っている霊魂。幽霊。(出典:精選版 日本国語大辞典)

亡霊ぼうれい
意味:亡くなった人の魂。亡魂。もうれい。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました