ゼネコンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ゼネコン

「大手ゼネコン」などのように使う「ゼネコン」という言葉。

ゼネコンは、ゼネラルコントラクターの略語です。

「ゼネコン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ゼネコン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ゼネコンの意味

「ゼネコン」には次の意味があります。

土木・建築工事の一切を請け負う、大手の総合建設業者。(出典:デジタル大辞泉)

ビルやマンション、テーマパーク等の大型建築を請け負う建設業者を指す言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・日本のゼネコンに建築できるかどうか聞いたとしたら、答えはおそらく、可能。藤川建設では無理かもしれないが。
(出典:飛鳥部勝則『バベル消滅』)

・川上さんの紹介で、ゼネコンとか商社に融資したことはあったようですが。
(出典:高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(上)』)

ゼネコンの下請けで鉄骨を主にやってて、今は古いビルを再生させる事業を展開してる。
(出典:平安寿子『くうねるところすむところ』)

・いまゼネコンの世界で、ひでえことになってるのは、下請けいじめだ。
(出典:高杉良『金融腐蝕列島(上)』)

・イブの夫は大手ゼネコン会社で営業担当をしている。
(出典:篠田節子『死神』)

類語

建設業(けんせつぎょう)
意味:土木・建設に関する工事をする営業。(出典:デジタル大辞泉)

スーパーゼネコン
意味:ゼネコンの中でも特に売上高の大きい建設会社。(出典:デジタル大辞泉)

ゼネラルコントラクター
意味:一般に、建築工事一式を請け負う建築総合工事業者と、土木工事一式を請け負う土木総合工事業者の総称。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました