スーパーマーケットとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

スーパーマーケット

「スーパーマーケットで買い物をする」などのように使う「スーパーマーケット」という言葉。

英語では「super market」と表記します。

「スーパーマーケット」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「スーパーマーケット」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

スーパーマーケットの意味

「スーパーマーケット」には次の意味があります。

食料品・雑貨・衣料品などを主体に、セルフサービス方式を採用する、単一経営による大規模な小売店。(出典:精選版 日本国語大辞典)

日本初の「スーパーマーケット」は、東京・青山の紀ノ国屋です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・「ここでいい」 彼がいうと、車はスーパーマーケットの前で停止した。
(出典:大沢在昌『深夜曲馬団』)

・駅前のスーパーマーケットまであとをつけたことも知っていたはずだ。
(出典:村上春樹『1Q84 BOOK3』)

・翌日の日曜日、夫の運転で私と母はスーパーマーケットに買い物に出た。
(出典:山本文緒『紙婚式』)

・私はサントノーレ通りの小さなスーパーマーケットの前に車を止めた。
(出典:藤田宜永『野望のラビリンス』)

スーパーマーケットの裏手の駐車場が右手に過ぎ、左手は神社だった。
(出典:森博嗣『瀬在丸紅子シリーズ-第1巻-黒猫の三角』)

類語

ストア
意味:店、商店の意。多く、多種の商品を扱う小売店の名の一部として用いられる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

商店しょうてん
意味:商品を販売する店。普通には店舗での商品販売を主とし、会社などに対して小規模な事業をいう。 (出典:精選版 日本国語大辞典)

商家しょうか
意味:商人の家。商店。(出典:デジタル大辞泉)

みせ
意味:品物をならべて商売をするところ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

商館しょうかん
意味:商人が営業を行なう館。特に、外国の会社・商店などが、日本に設けた支店、営業所をさすことが多い。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました