スマートとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

スマート

「スマートな振る舞い」などのように使う「スマート」という言葉。

英語では「smart」と表記します。

「スマート」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「スマート」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

スマートの意味

「スマート」には次の四つの意味があります。

1 からだつきや物の形がすらりとして格好がよいさま。
2 行動などがきびきびして洗練されているさま。
3 服装や着こなしが気のきいているさま。
4 電子機器が組み込まれた。ハイテクであるさま。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

スマートの意味①からだつきや物の形がすらりとして格好がよいさま。

「スマート」の一つ目の意味は「からだつきや物の形がすらりとして格好がよいさま。」です。

「すらりとして」という言葉からもわかるように、「スマート」という言葉で形容された対象物の線は、角や凹凸のない滑らかで流れるようなイメージを含みます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・下に黒のタイツをはくと、いつもよりスマートに見えることを発見する。
(出典:桐野夏生『OUT(下)』)

・駅に行く途中三階建のクリーム色のスマートな建物があるでしょ。
(出典:森村誠一『花刑』)

・未登録の機体だが、スマートで直線的なシルエットは連邦軍のものとわかる。
(出典:福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 04 パラオ攻略戦』)

類語

スリム
意味:ほっそりしたさま。細身できゃしゃなさま。(出典:デジタル大辞泉)

均整(きんせい)
意味:全体的につりあいがとれて整っていること。(出典:デジタル大辞泉)

すらっと
意味:ほっそりと形よく伸びているさま。すらり。(出典:デジタル大辞泉)

スマートの意味②行動などがきびきびして洗練されているさま。

「スマート」の二つ目の意味は「行動などがきびきびして洗練されているさま。」です。

目に見える動きだけでなく、目には見えない思考や言葉遣いについても、余計なものが削ぎ落とされ無駄がない、という印象を人に与えるものは「スマート」であると言われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そういう意味では古代ギリシャ人の方が私よりはずっとスマートだった。
(出典:村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』)

・私も時たま考えているのだが、スマートな解決はなかなか思い浮かばない。
(出典:星新一『きまぐれ星のメモ』)

・第一の事件は、殺人の証拠も残さず、スマートにやりとげている。
(出典:山村美紗『殺意のまつり』)

類語

端正(たんせい)
意味:姿・形や動作などが正しくてきちんとしていること。また、そのさま。
(出典:デジタル大辞泉)

エレガント
意味:落ち着いて気品のあるさま。優美なさま。(出典:デジタル大辞泉)

シック
意味:いきなさま。あか抜けしているさま。(出典:デジタル大辞泉)

スマートの意味③服装や着こなしが気のきいているさま。

「スマート」の三つ目の意味は「服装や着こなしが気のきいているさま。」です。

悪目立ちせず、その場の雰囲気に合っている、ということでもあります。この場合、それと反対の服装や着こなしは「田舎っぽい」「垢抜けていない」「ダサい」などと形容されます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・下のほうで扇型に広がっている黒い服がエンマをスマートに、丈高く見せていた。
(出典:フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』)

・警官の制服も、今は紺のスマートなものになっているが、拳銃はずっと強力なものが使われている。
(出典:赤川次郎『プロメテウスの乙女』)

・化粧をして、スマートな服装に身を包み、一流の会社で働いている女性という印象がありました。
(出典:乙一『さみしさの周波数』)

類語

ファッショナブル
意味:流行の先端をいっているさま。当世風。(出典:デジタル大辞泉)

モダン
意味:現代的であること。今風でしゃれていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

こざっぱり
意味:飾りけがなく、清潔で感じのよいさま。(出典:デジタル大辞泉)

スマートの意味④電子機器が組み込まれた。ハイテクであるさま。

「スマート」の四つ目の意味は「電子機器が組み込まれた。ハイテクであるさま。」です。

「スマートフォン」「スマートウォッチ」「スマートグラス」など、最先端の情報技術を搭載した電子機器の名称に使用されています。上記の総称として「スマートデバイス」という言葉もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

スマートなカメラ・レコーダーには、小さなボタンと附属品がたくさんついていた。
(出典:ブリン『サンダイバー』)

・手にしていたスマートフォンの画面を向けて見せた。
(出典:竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム第05巻 ONRYOの夏 日本の夏』)

・それはいわゆるスマートキーで、鍵かぎの先端部は金属の突起ではなく、プラスチック製のケースにすべてがおさまっている。(出典:松岡圭祐『千里眼 堕天使のメモリー』)

類語

最先端(さいせんたん)
意味:時代・流行などのいちばん新しいところ。また、ある分野で現在いちばん進んでいるところ。(出典:デジタル大辞泉)

先進(せんしん)
意味:発展の段階、進歩の程度が他より進んでいること。(出典:デジタル大辞泉)

次世代(じせだい)
意味:次の時代。また、技術や製品の機能などが格段に進歩した段階。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました