ステータスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ステータス

「ステータスが高い」などのように使う「ステータス」という言葉。

「ステータス」は、英語で「status」と表記します。

「ステータス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ステータス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ステータスの意味

「ステータス」には次の意味があります。

社会的地位。また、それを表すもの。(出典:デジタル大辞泉)

ステータスは身分を表すときに使われる言葉で、最近ではビジネス用語に用いられます。またゲームのキャラクターの能力を表すときにステータスが使われことがあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・視界の右端に表示されている自分のステータスバーをちらりと確認する。
(出典:九里史生『SAO Web 01』)

・ああいうところじゃ、病気の重さがひとつのステータスになるらしいんですよ。
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 02 綿流し編』)

・社会的ステータスを得るには、何よりもまず学歴が必要だと思っていたという。
(出典:稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』)

・キャラクターのステータスは、1アクションごとにセーブされてるんだ。
(出典:賀東招二『フルメタル・パニック!短編集08 悩んでられない八方塞がり?』)

・そして、戻ってきたときには、クラス内の彼のステータスは地盤沈下していた。
(出典:米原万里『パンツの面目ふんどしの沽券』)

類語

地位ちい
意味:社会やある組織の中で、人や物の占めている位置。身分や立場など。(出典:デジタル大辞泉)

羽振りはぶり
意味:世間における地位・勢力・人望などの程度。(出典:デジタル大辞泉)

身柄みがら
意味:身のほど。身分のほど。分際。(出典:精選版 日本国語大辞典)

分限ぶんげん
意味:持っている身分・才能などの程度。(出典:デジタル大辞泉)

身空みそら
意味:身の上。境遇。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました