スケールとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

スケール

「壮大なスケール」などのように使う「スケール」という言葉。

英語では「scale」と表記します。

「スケール」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「スケール」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

スケールの意味

「スケール」には次の二つの意味があります。

1 寸法・度などの目盛りのついている測定器具。物差し。また、その目盛り。
2 大きさの程度。規模。
(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

スケールの意味①「寸法・度などの目盛りのついている測定器具。物差し。また、その目盛り。」

「スケール」の一つ目の意味は「寸法・度などの目盛りのついている測定器具。物差し。また、その目盛り。」です。

何かの長さや大きさを測って数値に置き換える器具そのものを指します。
「スケール」を通すことで、すべてのものを、あくまで数値上では、比較することが可能になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・画面のスケールゲージによれば、噴煙の頂きは高度三百キロに達していた。
(出典:野尻抱介『クレギオン 7 ベクフットの虜』)

・自分の狭い視野とちっちゃなスケールで、勝手にこの人の心を計っていた。
(出典:竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 3巻 仮面舞踏会』)

スケールバーによると、怪物たちの体格は予想とほぼ一致していた。
(出典:ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』)

・しかしスケール情報によれば、この部屋はラケットボールのコートより広いのだ。
(出典:ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』)

類語

原器(げんき)
意味:度量衡の基準となる器具。(出典:デジタル大辞泉)

杓子定規(しゃくしじょうぎ)
意味:すべてのことを一つの標準や規則に当てはめて処置しようとする、融通のきかないやり方や態度。(出典:デジタル大辞泉)

メジャー
意味:物差し。巻き尺。(出典:デジタル大辞泉)

サイズ
意味:大きさ。寸法。特に、既製の衣料品などの大きさの型。(出典:デジタル大辞泉)

スケールの意味②「大きさの程度。規模。」

「スケール」の二つ目の意味は「大きさの程度。規模。」です。

この場合、数値で厳密に置き換えられるものではなく、対象物を前にした時、その人が感じた「印象としての大きさや規模感」を伝える働きをします。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そのあまりにもスケールの大きな華麗さに目がくらくらするようだった。
(出典:森村誠一『新幹線殺人事件』)

・写真じゃスケールが分からんけどさ、きっとビル程度の大きさはあるんだぜ。
(出典:小野不由美『十二国記 魔性の子』)

・うちの劇団に資金力とか、スケールとかないのはわかっていたからね。
(出典:石田衣良『下北サンデーズ』)

・話のスケールが大きくなりすぎたから、もとに戻さなければならない。
(出典:星新一『できそこない博物館』)

類語

奥行き(おくゆき)
意味:敷地・建物などの、表から奥までの長さ。(出典:デジタル大辞泉)

度量(どりょう)
意味:他人の言行をよく受けいれる、広くおおらかな心。(出典:デジタル大辞泉)

キャパシティー
意味:収容能力。また、容量。(出典:デジタル大辞泉)

ボリューム
意味:分量。量。かさ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました