スキルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

スキル

「スキルを磨く」などのように使う「スキル」という言葉。

英語では「skill」と表記します。

「スキル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「スキル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

スキルの意味

「スキル」には次の意味があります。

手腕。技量。また、訓練によって得られる、特殊な技能や技術。(出典:デジタル大辞泉)

ビジネスの場面や職業上での技術が「スキル」と呼ばれますが、ゲームなどでもキャラクターの技能を「スキル」と表現することもあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ある程度スキルのある人ならログの操作くらいは簡単だと思うけれど。
(出典:西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』)

・最初は周りよりも、ちょっとだけスキルが上だったという認識しかなかった。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第5巻』)

・以来、俺は二刀流スキルの修行は常に人の目がない所でのみ行ってきた。
(出典:川原礫『ソードアート・オンライン 第1巻』)

・鍵開けスキルや直接の打撃等何をしても無駄だったらしい。
(出典:九里史生『SAO-Web-1』)

・だけど、十二人に減ったあんたたちはもう完璧なスキルを持っていない。
(出典:酒見賢一『聖母の部隊』)

スポンサーリンク

類語

テクニック
意味:技術。技巧。技法。(出典:デジタル大辞泉)

技巧(ぎこう)
意味:技術上の工夫。特に、芸術の制作や表現における技術的な工夫。(出典:デジタル大辞泉)

技倆(ぎりょう)
意味:物事を行なったり扱ったりするうでまえ。手なみ。手腕。(出典:精選版 日本国語大辞典)

アビリティー
意味:能力。技量。(出典:デジタル大辞泉)

手練(しゅれん)
意味:熟練した手際。よく慣れてじょうずな手並み。また、よく練習すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました