シームレスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

シームレス

「サービスをシームレスに利用できる」などのように使う「シームレス」という言葉。

英語では「seamless」と表記します。

「シームレス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「シームレス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

シームレスの意味

「シームレス」には次の意味があります。

縫い目、継ぎ目がないこと。また、縫い目のない婦人用長靴下をいう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「サービスをシームレスに利用できる」で、「いくつかのサービスをまたがる仕組みだが、サービス同士のつなぎ目を意識することなく利用できる」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・なだらかな曲面を持ったシームレスのガラスには、ロクセンビルとは比較にならないコストがかかっているだろう。
(出典:貴志祐介『硝子のハンマー』)

・上に組んだ足のシームレス・ストッキングの先で、スリッパが揺れている。
(出典:広瀬正『マイナス・ゼロ』)

・エマージェントのシステムでは、愚人は事実上すべての自律機能系を支援していて、彼らの処理は実際の機械がこなす処理とシームレスにまじりあっている。
(出典:ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』)

類語

スムーズ
意味:《「スムース」とも》物事が支障なく滑らかに運ぶさま。円滑。(出典:デジタル大辞泉)

平(たいら)
意味:高低・凹凸のないさま。傾斜や起伏のないさま。ひらたいさま。たいらか。(出典:精選版 日本国語大辞典)

円滑(えんかつ)
意味:物事が滞らず、すらすら運ぶこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

滑らか(なめらか)
意味:物の表面にでこぼこがなくて、すべすべ、また、つるつるしているさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました