シンギュラリティーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

シンギュラリティー

「この日は流れ星が見れるシンギュラリティーが高い。」などのように使う「シンギュラリティー」という言葉。

英語では「singularity」と表記します。

「シンギュラリティー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「シンギュラリティー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

シンギュラリティーの意味

「シンギュラリティー」には次の三つの意味があります。

1 特異性。独自性。
2 特異日。特定の暦日に、ある天候が高い確率で出現すること。
3 特異点。技術的特異点。
(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

シンギュラリティーの意味①「特異性。独自性。」

「シンギュラリティー」の一つ目の意味は「特異性。独自性。」です。

ここでの意味は、「並外れた状況、事実、状態であること」です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼は、全ての文化にシンギュラリティーが存在すると信じてやまない。

・彼女の行動はシンギュラリティーに満ちている。

・宇宙のシンギュラリティーは人類に謎を投げかけている。

類語

特異性(とくいせい)
意味:あるものだけにみられる質的な特殊さ。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

独自性(どくじせい)
意味:他と違い、その人またはその事物だけに備わっている固有の性質。(出典:精選版 日本国語大辞典)

オリジナリティー
意味:世間なみでない独自の新しさ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

シンギュラリティーの意味②「特異日。特定の暦日に、ある天候が高い確率で出現すること。」

「シンギュラリティー」の二つ目の意味は「特異日。特定の暦日に、ある天候が高い確率で出現すること。」です。

ある特定の日を、その日が「大雨が降りやすい」や「猛暑になりやすい」というような確率が高い日の事です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・7月17日は、雨が降るシンギュラリティーが高い。

・梅雨の時期に、降水のシンギュラリティーが高いというのは、周知の事実だ。

・11月3日の文化の日の晴天はシンギュラリティーが高いとされる。

類語

特異日(とくいび)
意味:統計的にみて、ある特定の気象状態が現れやすい日。気象学的な原因は明らかでない。(出典:知恵蔵)

シンギュラリティーの意味③「特異点。技術的特異点。」

「シンギュラリティー」の三つ目の意味は「特異点。技術的特異点。」です。

科学の急速な発達により、人工知能などが人間の知性や能力を超え、社会のあり方や人類の存在意義に大きな変化が余儀なくされるという時期の事です。2045年頃に到来すると提唱されています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・技術的シンギュラリティーが来るのは時間の問題だ。

・新型感染症の流行による、科学技術の急激な発展は技術的シンギュラリティーを加速させる可能性がある。

・技術的シンギュラリティー到来の前に、人間が人工知能やロボットに人間としての道徳を教えなければならない。

類語

技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん)
意味:人工知能に代表される技術 technologyのもつ知能が,自己再生産によって指数関数的に高度化するという収穫加速の法則に基づいて人間の知能を抜き去り,超知能が出現する時点をさす。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

タイトルとURLをコピーしました