サンプルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

サンプル

「食品サンプル」などのように使う「サンプル」という言葉。

英語では「sample」と表記します。

「サンプル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「サンプル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

サンプルの意味

「サンプル」には次の意味があります。

見本。また、標本。(出典:デジタル大辞泉)

見本という意味が転じて商品を試すための試用品を指す場合もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・回復期のあいだ、彼は生物サンプルの分析結果を詳細に研究しつづけた。
(出典:R・エイヴァリー『クレイトスの巨大生物』)

・だからきみの指紋が必要なのと同じように、きみのサンプルがいるんだ。
(出典:パトリシア・コーンウェル『検屍官』)

・何かの治療に使うわけではなく、研究用のサンプルとして置いてあるのだ。
(出典:東野圭吾『白夜行』)

・連中が指定した研究施設に学術用のサンプルとして大学から送付します。
(出典:楡周平『マリア・プロジェクト』)

・その後二人は診療室へと下りて、夫人が作ったサンプルを見せてもらった。
(出典:和田はつ子『虫送り』)

類語

標本(ひょうほん)
意味:見本。典型。代表的な例。(出典:デジタル大辞泉)

見本(みほん)
意味:商品などの質や形状を買い手に知らせるために示す品。(出典:デジタル大辞泉)

試料(しりょう)
意味:検査・分析などに用いる材料。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました