サステナブルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

サステナブル

「サステナブルな社会」などのように使う「サステナブル」という言葉。

英語では「sustainable」と表記します。

「サステナブル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「サステナブル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

サステナブルの意味

「サステナブル」には次の意味があります。

持続可能であること、とくに環境破壊をせずに維持、継続できるという意味の英語。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

近年よく聞く、「SDGs (Sustainable Development Goals)」という言葉にも使用されています。「サステナブル」とは、多様性と生産性を期限なく継続できる状態をいいます。「サステイナブル」や「サスティナブル」と表されることもありますが、同じ意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・大手のファッションブランドもサステナブルな素材にこだわっている。

・大手企業はサステナブルな社会の達成に向けた変化をしている。

サステナブル寿司とは、持続可能な生態系に将来性を考えて捕獲した魚介類などを使用した寿司の事だ。

類語

持続可能性(じぞくかのう)
意味:環境・社会・経済などが将来にわたって適切に維持・保全され、発展できること。(出典:デジタル大辞泉)

サステナビリティ
意味:「持続可能性」を意味する“Sustainability”のカタカナ表記。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

SDGs (Sustainable Development Goals)
意味:国連加盟国による2015年の「持続可能な開発サミット」において採択された、30年までに達成を目指す持続可能な開発目標。(出典:知恵蔵mini)

タイトルとURLをコピーしました