コンタクトとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

コンタクト

「相手からコンタクトがない」などのように使う「コンタクト」という言葉。

英語では「contact」と表記します。

「コンタクト」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「コンタクト」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

コンタクトの意味

「コンタクト」には次の意味があります。

相手と直接連絡をとったり、会ったり、情報を交換したりすること。接触。
(出典:デジタル大辞泉)

英語の「contact」は、接触や遭遇などのニュアンスで複数の意味を持っていますが、この場合、「接触」によって生まれる「コミュニケーション」を前提とした意味となっています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・誰でもいいから、情報を持っていそうな人間にコンタクトしているだけだ。
(出典:貴志祐介『硝子のハンマー』)

・生ものだから最初にコンタクトのあった人間にあげてしまおうと考えていた。
(出典:長嶋有『パラレル』)

・わたしたちは初めて彼等と物理的なコンタクトをしているのです。
(出典:谷川流『10 涼宮ハルヒの驚愕(前)』)

・人間は誰でも自然界の精霊とコンタクトできる能力を潜在的に持っているんです。
(出典:井形慶子『ときどきイギリス暮らし』)

・本当に神が人間にコンタクトしよすとしているなら、なぜこんなことをするんだろう。
(出典:山本弘『神は沈黙せず』)

類語

接点(せってん)
意味:異なる物事がふれあう点。また、一致する点。(出典:デジタル大辞泉)

渉外(しょうがい)
意味:外部と連絡・交渉すること。(出典:デジタル大辞泉)

会談(かいだん)
意味:会って話し合うこと。また、その話し合い。(出典:デジタル大辞泉)

交渉(こうしょう)
意味:特定の問題について相手と話し合うこと。掛け合うこと。(出典:デジタル大辞泉)

コミットメント
意味:かかわり。かかわりあい。関与。介入。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました