コンシューマーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

コンシューマー

「コンシューマーレポート」などのように使う「コンシューマー」という言葉。

英語では「consumer」と表記します。

「コンシューマー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「コンシューマー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

コンシューマーの意味

「コンシューマー」には次の意味があります。

消費者。購買者。(出典:大辞林 第三版)

分かりやすくいうと商品やサービスを購入する人のことを言います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・主にテレビ用のコンシューマー・ゲーム機でプレイしていた時期もあったが、最近はすっかりパソコンゲームの虜となっていた。
(出典:貴志祐介『天使の囀り』)

・プレイヤーからの要請があったのか、コンシューマー版ではちゃっかりリンツも攻略できるようになっていた、解説終了!
(出典:西尾維新『物語シリーズ 2 化物語(下)』)

コンシューマー向け商品に力を入れている。

スポンサーリンク

類語

消費者(しょうひしゃ)
意味:商品・サービスを消費する人。(出典:デジタル大辞泉)

購買者(こうばいしゃ)
意味:物品を買う人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました