コンシェルジュとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

コンシェルジュ

「マンションにはコンシェルジュが常駐している」などのように使う「コンシェルジュ」という言葉。

フランス語では「concierge」と表記します。

「コンシェルジュ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「コンシェルジュ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

コンシェルジュの意味

「コンシェルジュ」には次の意味があります。

ホテルの職域の一つで、宿泊客の様々な相談や要望に応える「よろず承り係」。(出典:知恵蔵)

「コンシェルジュ」をわかりやすく言うと「ホテルやマンションなどで、お客様が滞在中に抱える様々な要望や相談に丁寧に応え、顧客満足度を高めるおもてなし係」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そこに腰かけていると、コンシェルジュが青い封筒を手にもって出てきた。
(出典:ヘミングウェー/高村勝治訳『日はまた昇る』)

コンシェルジュとペラペラやっていたのを見ると、英語も達者のようだった。
(出典:森瑤子『ドラマティック・ノート』)

・しかし、相手をしているコンシェルジュは、久野原の方を見ようとしていない。
(出典:赤川次郎『怪盗の有給休暇』)

・私の脳裏に「自分のコンシェルジュ」として、携帯を持つ人たちのイメージが浮かんだ。
(出典:松永真理『iモード事件』)

・シヨンの古城へ行ってみたいという三重子の相談に、このホテルのコンシェルジュは、遊覧船を利用することを勧めてくれた。
(出典:平岩弓枝『風祭』)

類語

コンサルタント
意味:企業経営などについて相談を受け、診断・助言・指導を行うことを職業としている専門家。(出典:デジタル大辞泉)

添乗員 (てんじょういん)
意味:団体旅行の引率者。(出典:精選版 日本国語大辞典)

執事 (しつじ)
意味:事にあたって任務に専念する者をいう。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

バトラー
意味:召し使い頭(がしら)。(出典:デジタル大辞泉)

窓口 (まどぐち)
意味:外部との折衝をする役。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました