コメントとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

コメント

「コメントを求める」などのように使う「コメント」という言葉。

英語では、「comment」と表記します。

「コメント」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「コメント」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

コメントの意味

「コメント」には次の意味があります。

ある問題について、意見や、補足的な解説などを加えること。評釈。論評。(出典:デジタル大辞泉)

「ノーコメント」であれば、意見は控えるという意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・するとやはり上記のコメントは一応当をえているといっていいようである。
(出典:中野好夫/安野光雅編『悪人礼賛 ―中野好夫エッセイ集』)

・彼女はへの字に唇を結んだまま、何もコメントしようとはしなかった。
(出典:綾辻行人『鳴風荘事件 ―殺人方程式Ⅱ―』)

・私の意見と矛盾するようだが、私はとても好きなコメントであった。
(出典:内館牧子『愛してると言わせて』)

・優子は、それ以上のコメントはしなかったし、一希も求めはしなかった。
(出典:堀田あけみ『愛をする人』)

・警察は事件第一報から一時間後に公式のコメントを発表していた。
(出典:夢枕獏『神々の山嶺 下』)

類語

意見(いけん)
意味:ある問題に対する主張・考え。(出典:デジタル大辞泉)

評注(ひょうちゅう)
意味: 詩歌・文章などを批評し、注釈を加えること。(出典:デジタル大辞泉)

概評(がいひょう)
意味:だいたいのところを大まかにとらえた批評。(出典:デジタル大辞泉)

付注(ふちゅう)
意味:注をつけること。(出典:デジタル大辞泉)

レビュー
意味:批評記事。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました