クレームとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

クレーム

「顧客からのクレーム」などのように使う「クレーム」という言葉。

英語では「claim」と表記します。

「クレーム」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「クレーム」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

クレームの意味

「クレーム」には次の意味があります。

苦情。異議。(出典:デジタル大辞泉)

例えば、飲食店で「料理がまずい」や「店員の対応が悪い」などの苦情が入ることを「クレームが入る」と言います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・廊下を走って移動したらそれだけでクレームが来ると思うんだけどな。
(出典:五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密(全16巻) 乃木坂春香の秘密 3』)

・彼が内装と設備を任されていた住宅で、施主のクレームが出ていたのだ。
(出典:夏樹静子『風の扉』)

・これ以上何かを望んだりしたら北欧ほくおう三国のどこかからクレームが来るだろう。
(出典:谷川流『4 涼宮ハルヒの消失』)

・契約をしているどこかの選手がチームの待遇にクレームをつけているらしい。
(出典:野沢尚『龍時(リュウジ)1─2』)

・だから、報道について個人からクレームや意見なんかがきても無視するよね。
(出典:井上トシユキ,神宮前.org『2ちゃんねる宣言 挑発するメディア』)

類語

不満ふまん
意味:もの足りなく、満足しないこと。また、そのさまやそう思う気持ち。不満足。(出典:デジタル大辞泉)

文句(もんく)
意味:相手に対する言い分や苦情。不服。(出典:デジタル大辞泉)

苦情くじょう
意味:他から害や不利益などをこうむっていることに対する不平・不満。また、それを表した言葉。(出典:デジタル大辞泉)

難癖なんくせ
意味:非難すべき点。悪いところ。(出典:デジタル大辞泉)

不平ふへい
意味:納得できず不満であること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました