クラウドとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

クラウド

「クラウドに転送する」などのように使う「クラウド」という言葉。

「クラウド」は「クラウドサービス」の略語です。

「クラウド」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「クラウド」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

クラウドの意味

「クラウド」には次の意味があります。

インターネット上の複数のサーバーを利用して,ソフトウェア,データベースなどの厖大な資源を活用するサービス。クラウド・コンピューティングとも呼ばれる。(出典:百科事典マイペディア)

クラウドは、クラウドサービスの他、クラウドコンピューティングの略語でもあります。
どちらも同じ意味です。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

クラウドの使い方・例文

・なので僕はクラウドについてだけ、簡単に説明した。
(出典:西尾維新『忘却探偵シリーズ 1 掟上今日子の備忘録』)

クラウドからデータにアクセスする。

クラウドサービスに情報を送った。

クラウドサーバーにデータを転送する。

類語

パブリッククラウド
意味:不特定の一般の利用者に対して提供されるクラウドコンピューティング環境。(出典:デジタル大辞泉)

プライベートクラウド
意味:企業が自社内に構築するクラウドコンピューティング環境。(出典:デジタル大辞泉)

グリッドコンピューティング
意味:インターネットなどのネットワークを通じて、サーバーやパソコンなどの複数のコンピューターを結び、仮想的に巨大で高性能なコンピューターを作る技術。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

タイトルとURLをコピーしました