ギャップとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ギャップ

「世代間ギャップ」などのように使う「ギャップ」という言葉。

英語では「gap」と表記します。

「ギャップ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ギャップ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ギャップの意味

「ギャップ」には次の二つの意味があります。

1 すきま
2 大きなずれ。懸隔。食い違い。
(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

ギャップの意味①「すきま」

「ギャップ」の一つ目の意味は「すきま」です。

一つ目の「ギャップ」の意味は、「物と物との間にある、間隔のこと」です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・雪山に上っている時、頂点に近づくにつれて雪に埋もれたギャップが多くなり、足元に注意が必要だ。

・工事中に付き、道のギャップに注意。

類語

・隙間(すきま)
意味:物と物との間の、わずかにあいている所。(出典:デジタル大辞泉)

・間隔(かんかく)
意味:物と物とのあいだの距離。(出典:デジタル大辞泉)

・差(さ)
意味:物事と物事の間の性質。(出典:デジタル大辞泉)

ギャップの意味②「大きなずれ。懸隔。食い違い。」

「ギャップ」の二つ目の意味は「大きなずれ。懸隔。食い違い。」です。

二つ目の「ギャップ」の意味は、日本でよく使用される「認識のずれ。認識の差。」です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・カツラをつけたときの自分が理想、禿げた頭の自分が現実。そのギャップが大きくなればなるほど、精神的な負担も増していく。
(出典:重松清『カカシの夏休み』)

・その思いは、こうして岩にへばりついている自分の姿と、ロスでバイクに乗っていた自分の姿とのギャップを想起させた。そのギャップは自分の中で埋め切っていないように思える。
(出典:富野由悠季『オーラバトラー戦記 1 アの国の恋』)

・彼女たちが置かれている現実と、その認識のギャップに驚いたのだ。
(出典:今野敏『心霊特捜』)

類語

・ずれ
意味:位置や時期、考えなどが、標準・基準からはずれて合わないこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・懸隔(けんかく)
意味:二つの物事がかけ離れていること。(出典:デジタル大辞泉)

・差(さ)
意味:状態・程度などの違い。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました