キャンペーンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

キャンペーン

「期間限定キャンペーン」などのように使う「キャンペーン」という言葉。

「キャンペーン」は、英語で「campaign」と表記します。

「キャンペーン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「キャンペーン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

キャンペーンの意味

「キャンペーン」には次の意味があります。

ある目的のもとに組織的に人々に働きかける活動。(出典:デジタル大辞泉)

「キャンペーン」は、もともと「野戦」を意味する言葉ですが、転じて「選挙戦」という意味になり、さらに転じて「宣伝活動」を意味するようになりました。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・さっき見たとおり、キャンペーンモードの難易度も相当に高いらしいし。 
(出典:伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第02巻』)

・ 彼らが幼い頃は、三人揃ってロケやキャンペーンに出かけていたものだ。
(出典:恩田陸『ドミノ』)

・新しい化学繊維の発売キャンペーンの企画を提出しろと言うのである。
(出典:半村良『聖母伝説』)

・ある時、大手製菓メーカーが新製品のキャンペーンをしたことがあった。
(出典:大石圭『飼育する男』)

・この時期、欠陥車キャンペーンが盛り上がったのは二つの理由があった。 
(出典:佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』)

スポンサーリンク

類語

宣伝(せんでん)
意味:商品の効能や主義・主張などに対する理解・賛同を求めて、広く伝え知らせること。(出典:デジタル大辞泉)

啓蒙(けいもう)
意味:人々に正しい知識を与え、合理的な考え方をするように教え導くこと。(出典:デジタル大辞泉)

販売促進(はんばいそくしん)
意味:売り手が、買い手の購買心を刺激し、商品を購入させるために行う組織的な活動。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました