キットとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

キット

「プラモデルのキットを購入する」などのように使う「キット」という言葉。

英語では「kit」と表記します。

「キット」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「キット」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

キットの意味

「キット」には次の二つの意味があります。

1 模型・機械などの組み立て材料一式。
2 ある目的のための道具一式。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

キットの意味①「模型・機械などの組み立て材料一式。」

「キット」の一つ目の意味は「模型・機械などの組み立て材料一式。」です。

「プラモデルのキットを購入する」で「プラモデルの作成に必要な材料一式がそろったセットを買う」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・組み立てキットで売っているスポーツ用の二人乗りタイプだ。
(出典:高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ11 〔映画版〕虹色の地獄』)

・自分で組み立ててもらえばよりいっそう分かりやすいだろうと、完成品ではなく組み立てキットとした。
(出典:富田倫生『パソコン創世記』)

キットを四体作ってコツが分かったので、今度は自分でデザインしてみることにしたのだ。
(出典:山本文緒『プラナリア』)

・この店にある貴重な絶版キットをすべて買い占めるのに、五万円もあれば充分なはずだ。
(出典:山本弘/友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 幻の巻』)

スポンサーリンク

類語

材料(ざいりょう)
意味:ある物を作るとき、もととして用いるもの。資材。(出典:大辞林 第三版)

資材(しざい)
意味:物を作るための材料。材料としての物資。(出典:デジタル大辞泉)

セット
意味:組み合わせて一揃いにすること。また、そのようなもの。(出典:デジタル大辞泉)

パーツ
意味:機械・器具などの部品。部分品。(出典:大辞林 第三版)

キットの意味②「ある目的のための道具一式。」

「キット」の二つ目の意味は「ある目的のための道具一式。」です。

一つ目の意味と異なるのは、それぞれが組み立て材料なのではなく、何かをするために使う道具の一式であるという点です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・俺はカプセル内の救命キットにペンライトがあったのを思い出した。
(出典:山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』)

・予想通り、フィラリア抗原検出の診断キットは陽性の反応を示した。
(出典:新堂冬樹『忘れ雪』)

・非常用のツールキットの中からサバイバル・ナイフが出てきた。
(出典:野尻抱介『ロケットガール 04』)

・修理キットも組み込んであるが、直してる時間がない。
(出典:菊地秀行『トレジャー・ハンター04 エイリアン黙示録』)

スポンサーリンク

類語

道具(どうぐ)
意味:物を作ったり、何かをしたりするために用いる器具の総称。(出典:デジタル大辞泉)

器具(きぐ)
意味:簡単な構造の機器や道具。(出典:大辞林 第三版)

一式(いっしき)
意味:必要なものひとそろい。関連するものすべて。(出典:大辞林 第三版)

一揃い(ひとそろい)
意味:一組そろっていること。また、そのもの。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました