カントゥーヤとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

カントゥーヤ

「飲料を掲げよ。カントゥーヤ!」などのように使う「カントゥーヤ」という言葉。

「カントゥーヤ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「カントゥーヤ」の意味や使い方や類語について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

カントゥーヤの意味

「カントゥーヤ」には次の意味があります。

乾杯(かんぱい)

主に乾杯の音頭として「カントゥーヤ」と言います。
「kanpai」の頭文字をとった略語である「KP(けーぴー)」と同じ意味と使い方です。

「カントゥーヤ」は、発祥は関西とされていますが、それ以外は不明です。

具体的な使い方・例文は下記の通り。

使い方・例文

・「飲料を掲げよ・・・カントゥーヤ!」

・高校の友達と集まってカントゥーヤする。

・インスタの投稿に#カントゥーヤをつけて投稿した。

スポンサーリンク

類語

KP(ケーピー)
意味:乾杯。

乾杯(かんぱい)
意味:杯の酒を飲み干すこと。特に、喜びや祝福の気持ちを込め、杯を差し上げたり触れ合わせたりして、酒を飲むこと。(出典:デジタル大辞泉)

祝杯(しゅくはい)
意味:祝いのために酌む杯。(出典:デジタル大辞泉)

トースト
意味:乾杯。祝杯。(出典:デジタル大辞泉)

祝い酒(いわいざけ)
意味:めでたいこと、喜ぶべきことを祝って飲む酒。祝儀の席で飲む酒。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました