カルトとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

カルト

「カルト的信者」などのように使う「カルト」という言葉。

英語で「cult」と表記します。

「カルト」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「カルト」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

カルトの意味

「カルト」には次の意味があります。

祭儀,儀式,崇拝を意味することばが転じて,特定の人物・事物を熱狂的に崇拝,礼賛すること。または,そうした行動をとる集団や教団をさす。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

「カルト」をわかりやすく言うと、「何かを熱烈に支持、崇拝すること、またそのような集団」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ひとつの世界にカルトが発生していく典型例を見るような気がするのだ。
(出典:大槻ケンヂ『のほほん人間革命』)

・どうやら、ぼくたちは、一部でカルト的な人気を呼んでいるようだった。
(出典:川島誠『ロッカーズ』)

・そのインタビューというのは、かなりカルト度の高い雑誌だったらしい。
(出典:川島誠『ロッカーズ』)

・そうだ、クローネンバーグはカルトな監督ではないのだ、早過ぎたのだ。
(出典:藤ダリオ『出口なし』)

・特定のカルト教団に所属していなくても、滅亡予言を信じた者は大勢いた。
(出典:山本弘『神は沈黙せず』)

類語

遮二無二しゃにむに
意味:ほかの事を考えないで、ただひたすらに。がむしゃらに。(出典:デジタル大辞泉)

狂信的きょうしんてき
意味:平常心や理性を失ってひたすら信じこむさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

過激かげき
意味:度を越して激しいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

ブーム
意味:ある物が一時的に盛んになること。急に熱狂的な人気の対象となること。(出典:デジタル大辞泉)

盲目的もうもくてき
意味:愛情や情熱・衝動などによって、理性的な判断ができないさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました