カルチャーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

カルチャー

「カルチャーショック」などのように使う「カルチャー」という言葉。

「カルチャー」は、英語で「culture」と表記します。

「カルチャー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「カルチャー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

カルチャーの意味

「カルチャー」には次の意味があります。

教養。文化。(出典:大辞林 第三版)

「カルチャーショック」は自分とは異なる考え方・慣習・生活様式などに接した際に受ける違和感やとまどいのことです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そのことがまた独特のカルチャーをつくっていることは事実のようです。
(出典:大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン チョコ編』)

・狭い日本、東西カルチャーの差は意外に恋愛の障壁となるかもしれまへん。
(出典:姫野カオルコ『禁欲のススメ』)

・これを見たときの、一種のカルチャー・ショックは忘れられません。
(出典:小沢淳『ムーン・ファイアー・ストーン3 極彩の都』)

・それまでインターネットを流れる情報は一種のサブカルチャー扱いされていた。
(出典:山本弘『神は沈黙せず』)

・とうていわが三洋銀行と相容れるカルチャーを持っているとは思えません。
(出典:山田智彦『銀行 男たちのサバイバル』)

スポンサーリンク

類語

文化(ぶんか)
意味:社会を構成する人々によって習得・共有・伝達される行動様式ないし生活様式の総体。(出典:大辞林 第三版)

人文(じんぶん)
意味:人類の文化・文明。(出典:デジタル大辞泉)

文明(ぶんめい)
意味:人知が進んで世の中が開け、精神的、物質的に生活が豊かになった状態。(出典:デジタル大辞泉)

文教(ぶんきょう)
意味:文化・教育に関すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました