カムバックとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

カムバック

「カムバックを果たす」などのように使う「カムバック」という言葉。

英語では「comeback」と表記します。

「カムバック」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「カムバック」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

カムバックの意味

「カムバック」には次の意味があります。

社会的に重要な地位、世間の注目を受ける地位にあった者が、いったん退いたのちに再びもとの地位にもどること。(出典:デジタル大辞泉)

「カムバック」は上記の意味のほか、韓国の音楽業界などでは「新曲や新アルバムを発表すること」を指す場合もあります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

カムバックのプレッシャーは、他の人間には想像もつかないほど大きい。
(出典:赤川次郎『インペリアル』)

カムバックがニュースになるようなプロレスラーなど、私は知らなかった。
(出典:沢木耕太郎『一瞬の夏』)

・レビューのタレントとして、三たびのカムバックに挑戦するという。
(出典:林真理子『ルンルンを買っておうちに帰ろう』)

カムバックの望みを捨ててから、前座に対して急に口うるさくなった。
(出典:矢野誠一『さらば、愛しき藝人たち』)

・いつか今の位置にカムバックして、山口美甘子に、俺の存在を知らしめる。
(出典:大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』)

類語

返り咲き(かえりざき)
意味:一度失った地位に再び就くこと。(出典:デジタル大辞泉)

再起(さいき)
意味:悪い状態から力を盛り返して、再び活動を始めること。(出典:デジタル大辞泉)

復帰(ふっき)
意味:もとの位置・状態などに戻ること。(出典:デジタル大辞泉)

復活(ふっかつ)
意味:いったん廃止、停止していたもの、または破壊されたものなどがもとどおりになること。もとの状態にもどること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

復職(ふくしょく)
意味:一度離れた職に再び戻ること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました